高卒者の就職に必須

高卒の就職は不利?

 今の日本は、大学全入時代とも呼ばれ高校卒業後の進路の約半数は大学に進学しています。一方、高校を卒業後すぐに就職する人の数は以前に比べるとかなり低下してきていることもデータとして現れています。

 

 では、高校を卒業してすぐに就職することは大学を卒業してから卒業する場合と比較するとどういった点で不利になるのでしょうか?以下では、高卒と大卒での就職の違いやメリット・デメリットを見ていきますので、本当に自分に合った就職を果たすための参考にして欲しいと思います。

 

・高卒
 高卒で就職する場合の最大のメリットは、早い段階で社会人としての経験を積むことができる点です。特に現場仕事などの場合には、知識や資格よりも実務における経験の差が仕事の出来不出来に大きく影響を与えるため、そうした職人仕事を目指す人にとっては高卒での就職は選択肢として十分です。

 

 一方、デメリットとしては、高卒では就職が極めて難しい業界があるという点が挙げられます。例えば、金融系や大手の電機メーカー等に高卒で就職することはかなりハードルが高いと言えます。

 

・大卒
 大卒で就職する場合のメリットは、就職の選択肢が高卒に比べるとかなり広いという点です。これは、上記でも述べた高卒では難しい業界にも就職できるというたけでなく、大学で様々なことを学ぶ上で見識が広がり広い視点で就職について考えることができることも影響しています。

 

 デメリットとしては、多くの大卒者が実際に自分が学んだ学問に関する仕事には就けないという点が挙げられます。特に文系の大学に入学した場合、自身の望む将来とのギャップに悩むというケースも少なくありません。

 

 こうしてみると、高卒・大卒でどちらが有利か不利かということは一概に言えないことがわかるかと思います。ですので、自身に合った就職の仕方をしっかりと見極めるようにしましょう。