転職活動は在職中に行おう

 あなたが転職したい理由はなんでしょうか。人間関係、待遇に不満、将来性に不安、それともキャリアアップ?

 

 自分の夢見る未来に胸を膨らませ、出来ることなら今すぐ仕事を辞めて転職活動をしたい!と思う事もあるかもしれません。でも、少し待って下さい。転職活動は、断然働きながらの方が有利です。

 

 転職を視野に入れ求人を見始めると、意外と自分に合いそうな仕事がたくさんあるように思います。そうなると、すぐにでも活動を開始したくなりますね。でも働きながら転職活動をするのは難しいもの。現在の勤務先と希望する転職先が、同じ休日であればなおさらです。

 

 これならいっそのこと、仕事を辞めてから転職活動をした方がいいのではないか?そう思うのも無理はありません。でも冷静に考えてみましょう。

 

<おすすめのページ>
「高校中退者が就職を実現出来るための情報をお届け」
http://xn--1-kq6am26bhtlcu3azqtelr.net/

 

 

 もし、転職活動がスムーズに行かなかった場合のことを。心に余裕がある時は、数社ダメでも、元気よく次に行ける事でしょう。しかしだんだん時間が経つにつれ、無職のブランクが転職活動に重くのしかかってくるのです。

 

 そこから焦りが生まれ、転職に妥協する気持ちが芽生える。最終的に、希望ランクを落とし、仕事を決めることに。その結果、仕事に満足できずに再度転職活動をするハメになるのです。

 

 

 これを防ぐためには、転職活動には余裕を持って行う事が大切。つまり在職中に転職活動を行う、ということですね。前に進みたい気持ちは素晴らしいですが、地道な努力こそ、一番の近道なのです。